生きるを考える絵本  
   
 
  ご寄付のお願い  

謹啓

 陽春の候、ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
 皆様におかれましては、平素より「いびら工房」の活動に際し、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 私たちの活動は、2009年7月、作者である吉田利康の家族に実際に起った実話をもとに描いた、次世代に在宅ホスピスケアを伝える絵本『いびらのすむ家』を、公益財団法人 在宅医療助成勇美記念財団から助成を受けて、制作発行したのが最初でした。それから7年間、いびらのすむ家事務局を窓口として、絵本『いびらのすむ家』の教材としてのDVDセットの制作及び、いびらのすむ家のお母さんの物語『ベッドからの手紙』、子どもにがんを教える絵本『がんって、なに?』、小児がんをテーマにした『ゆきちゃんとみんな』の絵本4作品を制作してまいりました。

 そして、このたび、「いびらのすむ家事務局」を「いびら工房」と改め、微力ではありますが、今後も今まで以上に、〜生きるを考える〜をテーマにした絵本の制作と配布活動に邁進する所存にございます。

 そこで、今後の活動継続のために、格段のお力添えを賜りたく「寄付金のお願い」をさせていただいております。誠に恐縮ではございますが、なにとぞ、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 末筆ではございますが、皆様の更なるご発展、ご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

敬具
いびら工房 代表   吉田利康

《寄付金入金先》
口座名:イビラコウボウ ヨシダトシヤス
関西アーバン銀行 西宮支店  店番号710 普通預金1022455
※ご寄付を送金された場合は、お手数ですが確認のため、
いびら工房のE-mailアドレス:ibira_info@teturou.jpまでご連絡いただけましたら幸いです。

著作物の利用について / サイトマップ
copyright © ibirakobo all rights reserved