生きるを考える絵本  
   
 
IBIRA-KOBO  Illustrated Books
 
   
 
 
 
 
子どもにがんを教える絵本
がんって、なに?
のぞみは小学校2年生。お父さんと駅の近くのマンションで2人暮らしです。学校がおわると、電車で2つ先の町のおばあちゃんの家に行きます。ある日、大好きなおばあちゃんが、病院で検査を受けた結果、入院することになりました。おばあちゃんの入院の日、のぞみはお父さんに思い切って「がんって、なに?」 と聞きました。
<監修>垣添忠生氏
日本対がん協会会長・国立がんセンター名誉総長

  在宅ホスピスケアを次世代に伝える絵本
いびらのすむ家
どこにでもある普通の家庭。ある日、お母さんが入院することになりました。病名は、急性骨髄性白血病。お母さんは入退院を繰り返し、つらい治療を続けます。そしてある日、医師から「今の医学では、これ以上、病気を治す方法はありません」と告げられます。在宅医療や制度が整っていなかった1999年、お母さんは住み慣れた家に帰りました。
■関連品
・「いびらのすむ家」解説と使用の手引き
・「いびらのすむ家」教材としてのDVDセット

  「いびらのすむ家」のお母さんの物語
ベッドからの手紙
お母さんは看護師でした。「もし、この病気がよくなるのなら、同じ病気の人の話し相手になりたい」と言っていたそうです。この絵本は、家族との病院との連絡ノート、手帳、便せんに書き残された手記をもとにつくられています。

  ゆきちゃんとみんな
〜大事な人が重い病気になったとき〜
この物語は、実際にあった病院の中の様々な家族の情景をもとにつくりました。来年小学1年生になるのを楽しみにしていたゆきちゃんは、ある日、重い病気にかかります。それを知ったおじいちゃんは、心配で心配でなりません。おじいちゃんのこころは、どんどん、かたくなになっていきました。その気持ちを溶かしたのは、孫と同じ病気の女の子の、なにげない一言でした。
<監修>細谷亮太氏
元 聖路加国際病院 小児総合医療センター長・現在顧問

制作中   「いびらのすむ家」家族のそれから
アキちゃん〜出会い〜
お母さんが亡くなり、遺された家族3人の会話はどんどん少なくなっていきました。お父さんは通りかかったペットショップで、一匹のやせ細った子犬と出会います。「なんだ、おまえ、オレとそっくりじゃないか。元気出せよ」お父さんは、その子犬が愛おしくてなりませんでした。
 
 

 
著作物の利用について / サイトマップ/ ご寄付のお願い
copyright © ibirakobo all rights reserved