生きるを考える絵本  
   
 
IBIRA-KOBO  Illustrated Books
 
 
絵本 アキちゃん〜であい〜 『いびらのすむ家』の家族のその後 
   
絵と構成:吉田恵子/文:吉田利康
企画制作/いのちのバトン 
発行/いびら工房(2018/3) 
冊子タイプ(中綴じ)・A4横(210×297mm)
32ページ・4C
ISBN 978-4-9909101-2-9
1000円(税別)  
 
▲お申し込み書にご記入の上、FAXを送られるか、
メールフォームお申し込みください。
※2017年度、兵庫県いのちと生きがいプロジェクト
財団法人敬愛まちづくり財団から一部支援金を受けて制作しました。

ストーリー
この物語は、実際の出来事をもとに描いた絵本『いびらのすむ家』の、その後の家族の日常の物語です。
お母さんが亡くなり、遺された家族3人の会話は、どんどん少なくなっていきました。
お父さんは通りかかったペットショップで、一匹のやせ細った子犬と出会います。
「なんだ、おまえ、オレとそっくりじゃないか。元気出せよ」お父さんは、その子犬が愛おしくてなりませんでした。 お父さんは、その子犬を家族として迎えます。


作者からひとこと
この物語のテーマは、私たちの暮らしの中の、死別の悲しみを溶かしていく作用の存在についてです。
可能な限り、実体験に忠実に描きました。(吉田利康)


 
著作物の利用について / サイトマップ / ご寄付のお願い
copyright © ibirakobo all rights reserved