生きるを考える絵本  
   
 
IBIRA-KOBO  Illustrated Books
 
 
次世代に在宅ホスピスケアを伝える絵本 いびらのすむ家
絵と構成:吉田恵子  文:吉田利康
いびら工房/発行(2009/7)
冊子タイプ(無線綴じ)・B5(182×257mm)・
36ページ・4C
650円(税別)
高齢社会に突入し、国が在宅医療への推進を打ち出す昨今、この絵本の骨子は家族愛ではなく、患者の自己決断、住み慣れたわが家で人生の最期を迎える、看取るという本来の意味を深淵からとらえた一冊です。ノンフィクション作家・柳田邦男氏の著書「雨の降る日は考える日にしよう(平凡社)」で紹介されています。作者の吉田利康の家庭に実際に起こった実話をもとに描かれています。
※2008年度 財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団より
研究助成を受け制作しました。
※2010年度 財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団より
研究助成を受け、再版および読者の声のアンケートを行いました。

絵本またはDVDを教材としてお使いになる方へ
『いびらのすむ家』解説と使用の手引き
  著者:吉田利康  監修:関本雅子(関本クリニック院長)
いびら工房/発行(2011/7)
冊子タイプ(中綴じ)・B5(182×257mm)・24ページ・1C
500円(税別)  
もとより、だれもが必死で行う看取りに優劣などありません。また、疑問や後悔が生じるものであり、それほどに生きるということは深淵です。さらに「死のものがたりを見つめること」は、生きるを見つめるに他なりません。死が自分の生に対する問いかけを起こすからです。そして、そこから問い直される生き方もさまざまであり、他に矯正されるものではありません。これらを教材として用いる時「教える」よりも「引き出す」を心がけて頂きたくお願い申し上げます。 …序 より…

『いびらのすむ家』教材としてのDVDセット
  いのちのバトン/制作
いびら工房/発行(2012/3)
  3点セット・27分・トールケース入り
  ★教材としてのDVD
★絵本「いびらのすむ家」第3版1刷
★解説と使用の手引き
    2500円(税別)
    ※2011年度財団法人敬愛まちづくり財団から、
一部支援金を受けて制作しました。

お申し込み書にご記入の上、FAXを送られるか、メールフォームからお申し込みください。

主なメディア紹介
●2009年8月14日 読売新聞大阪本社版/朝刊 ●2009年10月5日 毎日新聞阪神版/朝刊 
●2009年秋号 BetterCare(芳林社) ●2009年10月号 くらしの百科WEST(産經新聞社)
●2009年10月号 地域情報紙ともも ●2009年11月4日 朝日新聞大阪本社版/朝刊 
●2009年12月号 看護管理(医学書院) ●2009年冬号 生活ART情報誌シフォン 
●2009年11月12日 ほっかほか 噺の朝ごはん(KBSラジオ) ●2010年8月20日 毎日新聞阪神版/朝刊 
●2010年5月22日 神戸新聞/朝刊 ●2011年3月 雨の降る日は考える日にしよう/柳田邦男著(平凡社)
●2012年10月7日 おはようパーソナリティ道上洋三です(ABCラジオ)

絵本に寄せられた感想
●自分の知識のなさを知った。もっともっと、こういうことに興味を持つべきだと思った。(10代・男性)
●「生きていることの一部が死である」と小さい頃から思っていました。でも、周りの人の死に接するたび「何かちがう」と感じていました。病院で最善をつくすことは大切。だけど、それ以上にその人が「最期まで楽しく暖かい気持ちで生きる」ことが大切だと。どんな形があるのか知らずにいたので「いびらのすむ家」は、目からウロコでした。これをきっかけに「大切な人の死」や「自分の死」について考えました。(20代・女性)
●家に帰るとすごく落ち着くというのが共感できた。僕も高1の時、入院していて、退院して家に帰ると何時間も寝ていたことがある。(10代・男性)
●私はひとり暮らしです。死ぬ時のことは考えていませんでした。がんになって死を身近に感たけれど、具体的にはどう考えたらよいのか分りません。一人で孤独に死んでいくのは寂しい気がします。(60代・女性)
●このような本があってこそ、人の気持ちを伝えることができると思うし、その本人の気持ちが心に響くことがわかった。すごく勉強になった。(10代・男性)
●子どもたちの年齢が自分に近かったので、その分リアルに感じられ、家という帰る場所、親の大切さとか改めて感じられました。(10代・男性)
●医療系の学生として、この本はとても興味深いものでした。今まで「死」をテーマにしたものをいくつか見てきましたが、この本を知り「死」に対する考えが変わりました。(20代・女性)

絵本の講演会・朗読会の様子
講演会&朗読会『 絵本に読む人生の最期〜いびらのすむ家〜 』 

 
著作物の利用について / サイトマップ/ご寄付のお願い
copyright © ibirakobo all rights reserved